エンジンオイル メンテナンス

【バイク】最悪の場合エンジン焼き付き!?エンジンオイルの正しい選び方

昆虫ライダー

(バイク)エンジンの血液とも言われるエンジンオイル。エンジンオイルの選択を誤れば最悪の場合エンジンの焼き付きの原因にもつながりかねません。そこで皆さんにエンジンオイルとはどういう物なのかや、正しい選び方など解説していきたいと思います。それでは最後までお付き合いの程宜しくお願い致します。

エンジンオイルとはどういうもの?

皆さんはエンジンオイルでどんな事を思い浮かべますか?定期的に交換しないといけないものくらいのイメージで何気なく交換している人は少なくはないはずです。自分の愛車に使うものならどんな効果があるのかそれは必要なのかなど知っておきたいものです。

エンジンオイルとは、車やバイクに使用されている潤滑油です。

エンジンを動かすうえで重要な役割を果たしており、運転時にはオイルパンから各パーツへと汲み上げられて循環しています。エンジンの性能を最大限に引き出し、長期的に良い状態を維持するにはエンジンオイルを定期的に交換する必要があります。

簡単に説明するとエンジンを軽やかに動かす為の潤滑剤のような役割です。このオイルがないとエンジンは100%焼き付いてしまいます。結構無理やり感は否めませんが人間も血液がないと動けませんよねそんな感じです…

交換のタイミングは?

なぜエンジンオイルは交換しないといけないのか?

エンジンの中を循環している中で生まれてくる(鉄粉・ゴミ・チリ)などが蓄積されてオイルが汚れてしまいエンジン内部を傷付けてしまう可能性がある為。また、本来あるべきパフォーマンスが段々と発揮できなくなって来ることも好感しないといけない要因というわけです。

交換の目安は一般的に「3,000km〜5,000kmごとの交換」「半年もしくは1年に一度」と言われていますが、エンジンオイルは新鮮であればあるほどその能力を最大限に発揮します。とは言えそこまで頻繁にするのは手間もお金もかかって大変ですよね。ある程度の劣化は黙認しつつ、汚れがそこまで酷くならない5,000km前後を目安に交換するのがオススメです。ただし勘違いしてほしくはないのが汚れが酷くならないうちに交換するのがベストであるということです。

エンジンオイルの寿命を延ばす裏ワザ

サーキット走行など高回転を多用したり、チョイ乗りを繰り返すような使い方だとオイルの劣化は早まりますから、3,000kmごとの交換も視野に入れましょう。

定期的に乗るのではなく毎日乗ってあげるくらいのほうがエンジンオイルは長持ちします。

4輪用オイルの使用は絶対にNG

・バイク用のエンジンオイルと規格が違うためクラッチ盤の滑りの原因になることもあります。

・オイルの粘度があっていない場合油膜が取れエンジンが摩耗してしまう可能性があります。

選び方・種類

市販に流通しているエンジンオイルの種類と特徴を解説していきます。

粘度

バイクは基本高粘度エンジンオイル

粘り気が強く、高温となる環境でもエンジンパーツを保護できることが高粘度エンジンオイルの特徴です。高速道路や峠道といったエンジンパワーが必要な道を頻繁に走る場合、高粘度エンジンオイルがおすすめできます。

バイクは車とは違いエンジンの動作回数が倍近くになってきますなので低粘度なエンジンオイルでは油膜切れを引き起こしてしまう可能性があると言うことです。

エンジンオイルのベース

鉱物油

鉱物油はベースオイルの中で最も安価で、流通量も一番多いことが特徴です。熱や酸化への耐性はあまり強くありませんが、定期的に交換するのであればエンジンの性能や寿命などに影響を及ぼす可能性は低いです。
なお、車種によっては鉱物油の使用が推奨されている場合があります。どういったエンジンオイルが適切なのかは確認が必要です。ベースオイルの価格は鉱物油が最も安価なのが特徴です。

合成油

合成油は原油を精製し、不純物を排除することで純度を高めたエンジンオイルです。市販されている製品には、合成油の配合率によってグループ分けされた「全合成油」と「部分合成油」の2種類が存在しています。
全合成油は最も耐久性に優れた最高品質なエンジンオイルです。寒い環境でもエンジンがかかりやすく、熱や時間経過によって蒸発しづらいなど、さまざまな面で優れた性能を発揮します。高品質な分、値段も高くなる傾向ですが、車を長持ちさせたい場合に適しているエンジンオイルです。

当店のオイル

最後に

最後までお付き合いありがとうございました。

私の個人的な意見としては「メーカーが推奨しているオイルが一番あっている」と言うことです。

少しでも参考に慣れれば幸いです。ありがとうございました。

-エンジンオイル, メンテナンス